そして、パーティー当日。


「椿、今日はお前に着いててやれないが」

「はい、大丈夫です」

「そうか、余計な事を喋らないように」

「はい、お兄様。挨拶楽しみにしています」

「…期待はするな」


かつ、と靴底を鳴らし歩いていく葵。


「椿」

「…あ、壱さん」

「久しぶりだね」

「ええ、会えて嬉しい」


自然と出た言葉と共に柔らかく微笑んだ。



この作品のキーワード
財閥  束縛  純愛  兄妹  禁断  愛憎  狂愛  嫉妬  裏切り  復讐 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。