頭に感じるかすかな感触がとても心地よくて、ゆっくり目を開ける。



すると、私の頭を優しく撫でる聖也が目に入った。





情交が終わると、いつもの聖也に戻るんだ。



「起きた?」



「うん…」



この瞬間は、好きなようで好きじゃない。



優しい聖也はもちろん好き。





でもなんだか、もう用がないって言われてるようで辛くも感じる。



やっぱり、私は身体を満たすだけのものなのだろうか。


この作品のキーワード
身代わり  偽り    痛み  愛してる  失恋  嫉妬  最低