部屋に入ると、すぐにベッドにダイブした。



何が違うのかな?



私とお姉ちゃん。




確かにお姉ちゃんは可愛いし頭も良くて、人望もあついし人懐こい。




だれがどうみても、私はお姉ちゃんより劣るだろう。






それでも、やっぱり比べられるのは辛い。





私は私。お姉ちゃんはお姉ちゃん。



そう見てくれる人は、いないのだろうか。

この作品のキーワード
身代わり  偽り    痛み  愛してる  失恋  嫉妬  最低