あの出来事から2週間が経った。


あれ以来、聖也とは会ってない。



連絡がきても、適当な理由をつけて断り続けていた。




あれから、退院して普通の生活に戻った。家に帰ってからも、お母さんもお父さんも何も聞いてこなかった。



今回は、私に関心がないことが有難く感じた。



もし、根掘り葉ほり聞かれたら、答えるのが面倒だからだ。

この作品のキーワード
身代わり  偽り    痛み  愛してる  失恋  嫉妬  最低