ちょうど、道を曲がったところだった。



家までほんの30メートル手前のところで、家の前に佇む姿が見えた。



その姿を見た瞬間、身体が固まって動けなくなった。




だって…


なんで?



なんで、いるの?





「聖也…」





それは、すこし会わなかっただけで、懐かしささえ感じた、大好きだった人。





視線に気づいたのか、聖也はこちらを向いた。


その表情は、いつもの穏やかな聖也からは考えられないほど怒りに溢れた怖いもので。



その表情をみただけで、身体がさらに萎縮する。



この作品のキーワード
身代わり  偽り    痛み  愛してる  失恋  嫉妬  最低