今はもう昔、十年程前になるだろう。

私は小学四年生になって一ヶ月経過していた。
私が通っていた小学校では、四年生からクラブ活動と部活動が解禁になる。
クラブ活動は全員参加で種類も豊富だったが、部活動は自由参加の上、たったの三種類しかなかった。
サッカー部、バスケットボール部、金管部の三つだ。

私が当時親しくしていた友人達は、皆金管部に所属していた。

「楽しいよ」
「鐘王もやろうよ」

そんなふうに私を勧誘する友人達。

「人数が足りなくて困ってる」

そう言われてしまうと、私は少し断り辛い。
私は二つ返事でオッケーした。

私は元来運動が苦手だった。
体育の授業で血眼になってボールにかぶりつく同級生を見てしまえば、もう参加する気など起きるはずもなかったのだ。

しかも、サッカー部は男子限定、バスケットボール部は女子限定だ。
入ろうにも入れない。
あれに巻き込まれるよりは、金管部なら数倍マシなはずだ。

そう考えた。

.