真実はたった一つで、それそのものは別に悲しくも素晴らしくもない。

 それを見て感じる側の人間が勝手に分類するだけだ。

 道端に寝転がって、空をみたことがある?

 その時に綺麗だと思うか悲しいと思うか辛いと思うかお腹すいたと思うかは

 全部、その人によって違うってこと。

 私は、綺麗だなあ、と思いたい。



 バタバタと生きてきました。生き急ぐタイプねって通りすがりの占い師にも言われたっけ。そんな私が、よく考えること。
 リアルも妄想も、私にはどっちも美味しい食べ物だ。


 地面に穴掘って隠れたくなるレビューを頂きました!照れたがな!でもありがとうございます。

mira!様
高山様
蒼井深可様
七月夏葵様
鵜井椿様
佳歩様
メクラヤナギ様
さいマサ様
魅洛様

 2013年1月16日~3月15日 明紫

この作品のキーワード
エッセイ  考えたこと  明紫