1、方言

 私は大阪生まれの大阪育ちで学校は(留学を除き)全て関西の学校だったし、結婚するまでは大阪府民だった。

 だけども両親が大阪人ではないので実はあまり方言に詳しくない。

 体が疲れたとかしんどいことを、大阪では「えらい」って言うんですけどね、あれもバイトで居酒屋いくまで知らなかった単語だった。

 「今日体えらいわ~」と板さんが言うのに、この人何自分を褒めてはんのやろ、と思ってました。で、何ですかそれ、と質問して、どこ出身?てよく聞かれる。

 うちの相方は大阪は八尾出身で、若干河内弁を喋る。

 相方は普段は穏やかかつ優しいA型の人間で、年中色んなことにキレまくっている私とは大違いの冷静な人間だ。今までの人生でキレたことがないらしい。不思議でたまらん。ほぼ毎日の勢いでキレてますけど、私。

 だけど、子供にはよく怒る。その時にヤツがいうのが、これ。

「ええ加減にさらせやコラ、いてまうぞ、われ」

 初め聞いた時はびびったよね~。何や~!!?怖い人が家の中におるうううう~!!ってガン見したよね。訳するとこんな感じでしょうか。「それくらいにしときなさいね、でないと君をぼこぼこにしちゃうよ」。

 あと、あれ。お茶に誘うとき。

「茶、しばきかまさん?」

 ・・・・しばいた上にかますんですか?と一瞬どん引きしましたね、私は。

 お茶しよ、でいいのではないだろうか!と思って。

 方言て面白い。だけど結構な迫力で、たまに恐ろしくなるときがある。

 なんでしょうね、あの巻き舌。アメリカ人も真っ青の舌使いでっせ。

 とにかく相方の、ムカついたときにするりと口から出る「いてまえ」にビビる私なのでした。

 ひっくい声で言われるとねえ、繊細でかよわ~い私は震えるわけですわ(ここ、突っ込むことですよ)。