「もしかしてお前、俺のこと好きなんじゃないの?」




執筆2013,01,16〜



この作品のキーワード
自意識過剰  LOVE  無表情