たった一度だけ、この私にも男運はあった。でも、それは望まぬ相手。時に恋は悪戯に手の届かない空に舞い上がり、いつしか、私はその事さえ忘れ去ってしまった。 

 一度でも良い。こんな私にでも恋心の一つくらい恵んで下さい。


気軽にお読み下さいね。宜しくお願いします。

この作品を読むにはパスワードの入力が必要です。


この作品のキーワード
独身  恋人        マンション    部屋    出会い