――――……




「覚えてるよ、悠ちゃん」



三年ぶりに帰ってきた悠馬に現実を突き付けられたまゆ。


おしつけられたままの悠馬の体から後ずさり、うっすらと笑う。


悠ちゃんはいつだって、私に教えてくれる。

夢を見るなって……。
お前に幸せになる権利はないんだって。


昔から、優しいはずの悠ちゃんのことを時々怖いと感じるのは、きっとそれが真実だからだ。

悠ちゃんはなにも悪くない。
悪いのは私。
悠ちゃんは優しさで言ってくれてる。



「お父さんとお母さんが死んだとき、一緒に死ぬべきだった。叔父さんたちも、メミちゃんも、近所の人も、学校のお友達も、みんなそう思ってる。
私を許してくれるのは悠ちゃんだけ……だよね……」



本当は生きててはいけない私。

優しい悠ちゃんだけが、自分を許してくれる。


この作品のキーワード
オフィスラブ  御曹司  OL  切ない  じれじれ  ピュア  溺愛  甘々  スーツ  腹黒 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。