「圭介、カズ兄帰ってる?」



「江美!?部屋に入る時はノックしろよ!!」



「えーっ、それ位良いじゃない。圭介だって私の部屋に勝手に入るでしょ?」



「う゛……ん…」



ヘヘッ、何にも言い返せない♪



私の勝ち♪



圭介と私は家が隣通しの幼なじみで、小·中·高ずっと一緒に過ごして来た腐れ縁でもある。



パタン パタン…



廊下を歩く音が圭介の部屋に届く。



あっ、カズ兄だ!!



私は部屋を飛び出し、カズ兄の元へ急ぐ。