鳴りだした携帯電話を慌てて掴む。
「もしも……」
「ああ、わるい。祐樹(ゆうき)やなくて東堂やねん」

 彼氏からの電話だと、テンション高く出た私の声は、東堂先輩の優しい声に遮られた。

「どう、したんですか?」
 だって、携帯の着信名は確かに彼氏である祐樹くんの名前だったのに。
 くすり、と、東堂先輩が笑う。

「本当に祐樹とつきあっとるん? びっくりしたわ。
 なぁ、彼氏がうちで酔い潰れたから、迎えにきぃへん?」