ピンポーン……


日付が変わる頃に鳴り響いたインターフォン。
こんな時間に来客なんて不気味すぎて出るつもりはなかったのに。


ドンドンドンドン……


今度はドアを叩き始めた。
あまりの恐怖に体が強張って身動きができない。
そんな時に耳に届いてきた声。


「彩未(アミ)、いるんだろ?ここ開けろよ」


聞き覚えのある声に体の力がふっと抜けて、いつの間にか止めていた息を一気に吐き出した。