「紗知ちゃん」

「はい」

「今度の日曜、どこかに遊びに行かない?」


千島さんが私を誘ったのは、きっとしびれを切らしたからだろう。

yesともnoとも答えられない私は、その申し出まで断る勇気がなかった。


結局、迎えに来てくれた千島さんの車に乗った。


母は丁寧に私たちを送り出してくれた。
とても、うれしそうに。


コウさんも、きっと私たちの中がうまくいっているのだと思っているのだろう。
最近はとても上機嫌だ。


「ごめんね、強引に誘って」

「いえ、そんなこと、ないです」


それから彼は、私を水族館に連れていってくれた。
ふたりで並んで見たイルカのショーは、本当に楽しかった。