「もう二度と君を離さない」
密室空間の車の内で。
宵闇に染まり始めた薄暗い空気の中、元彼が熱い言葉を吐き続ける。

別れて・・・3年。
最近、何度も元彼から「会いたい」って連絡が届いていた。
もう新しい彼もいるし、ずっと無視してきたけれど・・・。

今の彼は優しいけれど気が弱くて。
そろそろ結婚を望むあたしにすっかり及び腰。
真剣に愛されていないのかしら?
そんな不安に陥る心に、元彼からの熱烈なアプローチは抗いがたい誘惑。

「・・・一度だけなら」
そう言って、ついにあたしは彼と二人きりで会ってしまった。