帰りも龍馬さんに駅まで送って貰った。


「送って頂き、ありがとうございました」

お礼を言って車から出る。


ウィーンと龍馬さんが窓を開けて、窓から顔を出す。


「何かあったら連絡しろよ」


「はい。ありがとうございます」


「勿論、何もなくても大歓迎。」


じゃあな、と帰ろうとする龍馬さん。


「あっ。あの。」


龍馬さんが窓を閉めようとしていた手を止めた。


「今日はご馳走様でした!」


「あぁ。どう致しまして。」


「あと...スーツ姿の龍馬さん、惚れはしませんけど、カッコいいと思います。」


それじゃあ、とお辞儀して
家へ向かって歩き出した。




「ロリコンも悪くねぇな」

と歩き出した背中に龍馬が呟いたー