シンッと静まる道場に、一人の笑い声が響く。





誰かなんて決まっている。





『なにが面白いんですか。沖田さん』






笑っている沖田さんをジトーッと見ながら私は不満そうに言った。





それに対して沖田さんは、ごめんごめんと笑いすぎてあがった息を整えながら言った。





「君みたいなお馬鹿さんはじめて見たから、つい」






お馬鹿さんってなによ。






ムッとしながら沖田さんへの視線を向け続ける。






この作品のキーワード
新撰組  トリップ  沖田総司  モテ王子  グダグダ  あやふや  恋愛  幕末  女剣士  歴史