「しょうがないよ。」



と、係長は儚く微笑んだ。









私は、このやさしい係長が好きです。