――目を閉じると昨日のことのように思い出す。

大学2年の秋、
大学祭、
アルコールの匂いと彼のCK1の匂い。



そしてまるで時間が止まったあの場所・・・。

二人が重なった大学の図書館。




きっと最初からこうなることを知っていたんだ。




***************


「彼氏がいるのに図書館で…」


***************


目次

この作品のキーワード
TABOO   強引   図書館  運命 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。