人は環境に慣れる生き物だ。
例えそれが意に染まないものであったとしても、やがてそれを受け入れ、置かれた現状の中に安らぎを見い出だそうと努めるようになってゆく。

不幸に飼い慣らされた人の目に、もはや幸せは、“透き通った憧れ”として、その者の人生を、巧みに包摂し始める…………。