「単なる競技なんだから考えすぎ」



汐里にはっきり言われてしまった。
その通りなのは分かってるんだけど…。



「春海先輩だって二人三脚出るの知ってるんだよね?」



柚夏に聞かれて



「うん…」



と答えた。



「何か言われた?」

「特に何にも言われてない」

「なら大丈夫じゃーん」



と瑠海は言った。



渚は出過ぎとは言ったけど、二人三脚に関して特別何か言ってきた訳ではない。
だから、悪いことをしてるわけでも後ろめたさを感じることもない。






「ちょっと休憩すっか」



今日もタイミングが合わなくて悪戦苦闘した。



「ごめんなさい…」

「名波さん、謝りすぎ」

「だって…」



そう言うと沈黙してしまうあたしたち。



「…前から言おうと思ってたんだけどさぁ…」

「?」

「名波さん、俺と組むのイヤだった?」



思ってもいないことを突然聞かれたからびっくりした。



「まさか!!!!そんなわけないよ」

「そっか…。ならいーんだけど」

「何でそんなこと聞くの?」

「いやー…なんか、あんまり俺にくっついてくんないし。…あ!変な意味とかじゃなくて。二人三脚なのになんつーか…」



あたしの変なこだわりのせいで、波崎くんに迷惑をかけていたことに気付かされた。
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまった。



「ごめん!そういうんじゃないの!あんまり男の子とくっつくとかしたことなくて…それでいろいろ考えちゃって」

「なーんだ」

「だから、イヤとかじゃなくて…ごめんね、気を遣わせちゃって」

「それなら一安心!イヤイヤだったら悪いなーって思ってたから」



そう言って波崎くんは笑った。
そこからは、何だか気分が吹っ切れてだんだん波崎くんと息が合ってきた。



波崎くんが気を遣うようなタイプだとは思ってなかったから、意外だったしちょっと距離が縮まったような気がした。