私の曇り空に一番星は眩しく輝いて無理

矢理入り込んできた。



「ねぇ、誰でもいいから優しくして」



私の願いを叶えてくれたのは眩しく輝い

ていた一番星だった。


孤独な人生をおくってきた星奈はある日

死のうとしていたところ、見知らぬ男に

話しかけられ……?


この作品のキーワード
孤独  いじめ  年上  大学生  切ない  すれ違い