翔平は、父のところに入組の許可とチェックをして難なく藍城組に入った。




ただ、


「組長さん怖え…」


と父の部屋から出た時顔を真っ青にさせて言った。



起きた時、藍城の自室でねむっていた。



たしか、ハッキングしてたはず……



まぁ、棗あたりが私を運んだのだろう。



あまり寝れないのに、寝れるなんて…相当ストレスが溜まってるんだろうか…




ちなみに今日は土曜日で何も無い。



低血圧な私は寝た後はあまり起きれない。




ピルルルル




朝に聞くのはキツい電子音が四角い物体から鳴り響く。




鳴り止まないそれを仕方なく取って通話ボタンを押す。



『何』



「今日、倉庫来れるか?」



電話越しに聞こえる声は、



『來哉?』



「あぁ………」




今日……か…



『………面倒いって理由は?』


「却下」




………はぁ。



『いいよ』



「じゃぁ、あのコンビニに居ろ」



『はいはい』


そう言ってすぐに電話を切った。




この作品のキーワード
暴走族    美少女  イケメン  逆ハー  男子校  男装  過去     

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。