私はアレを飲むの忘れてる。




私はそんな事解っていながら飲まない。



アレは最低限しか飲んではダメだから。



結構抑えていかなければならない。




私は通学鞄に携帯を突っ込んで学校に向かった。






幸い、学校からは近い。




多分…5kmくらいじゃないかな。←遠いよ



まぁ、歩いて行けるから楽だ。



私は欠伸を何度も噛み殺しながら学校に向かった。




………バッグの中で携帯が鳴り響いてたのに気づかずに。





この作品のキーワード
暴走族    美少女  イケメン  逆ハー  男子校  男装  過去     

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。