起きたのは、携帯の電子音が五月蝿かったから。


初期設定のままのソレは寝起きには不愉快でならない。



携帯を投げ捨ててやろうとしたけど、表示されてる名前を見て通話ボタンを押して耳に当てた。





「お前何時まで寝てんだよ‼」




そんな馬鹿みたいにでかい伊織の声が聞こえて、通話終了ボタンを速攻押した。



切ってすぐまた電子音が響いて同じ表示が出る。



それにすぐに反応して思わず電源を切った。



………耳に当てるんじゃなかった。



私はまだビンビンする耳に苛ついた。




あいつ、学校でシめてやろうか。



私は指をバキリと鳴らしながらそんな事を思っていた。


この作品のキーワード
暴走族    美少女  イケメン  逆ハー  男子校  男装  過去     

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。