「…ん?鍵が開いてる。」

誰もいないと言っていたはずの紗優の家。

おそるおそるドアを開ける。

「あ……また来てる。」

玄関に会ったのは、どこか見覚えのある、

サッカーのスパイクケース・ボール。

あれ、このクツ……

「お、紗優。どこ行ってたんだよ。腹減った。」

やっぱり…

「蓮先輩、どうもです。」

「あ、友哉じゃん。…え?お前ら、まさか…」

「デキてないよ。」

瞬時にこたえる紗優。

そんなに早く否定しなくても。

「だよな。お前年下嫌いだし。」

それ、かなり傷がいたみますよ。

この作品のキーワード
後輩  年下  どS  過去  年下彼氏