ある日突然、千歳の働く喫茶店に音信不通だった鳴海が現れる

千歳は、鳴海がなぜ自分に会いに来たのか、さっぱり分からずにいると、ここで働かせて欲しいと言われ…

鳴海と千歳の、その後の話です

それぞれが知らない事実を交えながら、学生時代と今を行ったり来たりする、短編小説です

この作品のキーワード
吹奏楽部  ほのぼの  喫茶店  追憶  背後霊  残留思念  コメディー