県立万町高校。

創立されて間もないこの高校は、校舎がとても綺麗で、使われていない教室や資料室がたくさんある。


そう。

私のサボり場所には最適。




「んーっ!いい天気だねぇ…」

ぐーっと全身をゆっくりと伸ばしながら、目の前に広がる雲一つ無い真っ青な空を見上げた。

遠くで微かに一時間目のチャイムの音が聞こえたが、私はそれを聞こえなかったかのように、自分の耳にイヤホンをはめる。


スローテンポで流れてくるそのメロディを聞きながら、私はゆっくりと自分の瞼を閉じた。




浜崎菜摘(ハマサキナツミ) 17歳。
今年の春に高校二年生になったばかりの女子高生。


学校は好き。
でも、勉強をすることが嫌い。

昔から勉強だけは苦手だった。

いつからか学校の勉強についていけなくなって、学校に来て授業を受けることも億劫になって。

今じゃ神出鬼没遅刻間、なんてクラスであだ名をつけられている。


まぁ、別にいいけどね。
友達とか要らないし。


幼い頃に父親と姉を亡くして、それからはずっと母と二人で暮らしてた。

でも、そんな母は
大病院の院長をしていて、人一倍勉強をすることにうるさい人だった。


そんなお母さんが嫌で、私は二年前に家を出た。


…薄情なお母さんだよね。
娘が出て行こうとしているのにため息一つ吐かずに

「勝手にしなさい」
だもんね。



それからはずっと
自由気ままに生きてきた。



好きな音楽を聞きながら、青い空の真下でお昼寝。



これ以上の安らぎは無い。




これが私が学校に来る理由。





そう、思っていた。