『 ねぇねぇ、夏夕! 』

いつの間にかあたしの隣には
人懐っこい、子犬のような後輩。



「 他の子んとこ行きんって 」

オレが一目で惚れたのは
方言が可愛い、花のような先輩。




.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:


先輩 南 夏夕海
Minami Nayuka

×

後輩 月ヶ瀬 香
Tsukigase Ko


.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:



先輩にはとある過去が、
後輩にはとある後悔が。 




「 可愛い子なら、他にもたくさんおるじゃん 」

『 夏夕。オレは、可愛い彼女が欲しいんじゃないよ。夏夕が好きなんだ 』

「 ねぇ、香。……あたしは、香の気持ちに応えることなんできんよ…...? 」

『 どうして夏夕は、オレに何も話してくれないのさ…... 』

「 そんなん、香だって一緒じゃんか.….. 」



すれ違う想いは、結ばれる…...?



(( 人を好きになるって、難しいね。 ))




   

この作品のキーワード
恋愛  歳の差  緑化委員  方言    子犬