「いってきます。」いつも通り、誰もいない部屋に声を掛けて職場に向かう。敏輝からの突然のプロポーズで、菜月は他に何も考えられなくなっていた。




佑介とは、週末に体調不良と言って会うことを避けてから、偶然にも週が明けてからも職場でも会うことはなかった。そして、木曜日、メールで“菜月にプロポーズの返事を真剣に考える時間を持って欲しいから、菜月の誕生日まで会うこと我慢する。”と送られてきた。



菜月は、そのメールを読むと安堵した。敏輝と会ったことの罪悪感が佑介と会うたびに感じてしまうだろうと考えていたからだ。