「っえ、それって、プロポーズじゃないですか。」



いつもの水曜日、先週の金曜日の出来事を涼子と恵美ちゃんに話した。



「そうね。」



恵美ちゃんの言葉に、相槌を打ちながら、パスタをフォークに巻きつける。



「ついに、きたか。」



「ついにって、涼子さんは分かってたんですか?」



「今川さん、もう31歳でしょ。付き合って1年で、来月には菜月も25歳。結婚するタイミングが揃ったでしょう。」