高一になったばかりの春、


人と関わることが嫌いだった俺は


図書室で一人読者をしていた。


「真琴くーん、一人で何してるの?」


…しつこく絡む女。


うっとうしいな。


その場を離ようとするが、


その女子は俺にくっついていて


中々身動きが出来なかった。


「ねぇ、真琴くん。あたしね、真琴くんのこと好きなんだぁー?」