〜廉の家で…〜





光は、廉の家に泊まりに来ていた。


「光、本当に県外の専門学校に行くのか?」


「うん、まあね」


「しばらく会えなくなるじゃん」


「時々帰ってくるから。メールもする」


「…光」


「ん?」


「行く前に、光の全部を俺にちょうだい?」


「…えっ?」


廉は、光をベッドに倒した。