「…光っ!」


病室の前で楓が待っていた。


「…裕真さんは………」


「…もう、いない………」


その言葉を聞いた楓も涙を流し、私に抱き着いた。


それと同時に、私の心の中の何かが


冷めるようになっていった………。