「茉央、こっちも頼むよ。」




「はい、海馬さん!」




黙って家を出て1週間がたった。




春樹さんとはあれから全然会っていない。
どこで何をやっているのかも分からない。




何年も続けた仕事も辞めて今では海馬さんのところでお世話になっている。




「茉央、それが終わったら子供たちを迎えに行こうか。

今日は俺も行くから。」




「はい。
ありがとうございます。」




海馬さんには本当に世話になりっぱなしだ。



この作品のキーワード
清掃課  社長  シンデレラ  続編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。