「私たちは、何があっても、ずっと一緒よ。」






「俺たちは、何があっても、ずっと一緒だよ。」






そんな、無理な約束をした。







私は、双子の兄に――




恋をしてしまったんだ。




無理な恋と解っていても。






禁断の恋は、歯車を狂わせながら、ゆっくりと刻んでいく。






執筆開始 13・02・08




13・06・20
PV数 100突破!!


こんな駄作を読んでくださって、ありがとうございます。°(°´Д`°)°。


本当に感謝、感激です(´;ω;`)




この作品のキーワード
双子  禁断  俺様    甘々