『‥友達からでいいから‥‥俺と付き合ってほしい』




















かちかちと響く、ケータイのボタンの音。





閑散とした私の部屋に広がっていく。





目の前には、彼がくれたポスター。





指が紡ぐのは‥‥‥