ーーーーー




「カナタさ〜んっ!」





休み時間の廊下、誰かが後ろから私の名前を呼んだ。





駆けてきたのは、私の親友の三条アイ。





私を見掛けるといつもこうやってやってくる、犬みたいな女の子だ。





「おはよ、アイ。廊下走ったら危ないよ?」





「えへへ‥ごめんなさい。カナタさんがいたから、つい」





そう言ってはにかむアイは、私の横に並んで歩き出す。