教室の、端の列の
一番後ろ

それは俺にお似合いの
忘れられたような席だった

いつも1人で本を読んでいた
ぼっちな俺

それが今までの、
そしてこれからのライフと
思ったいた


「ぼっち君、好きになったかも?」

ただ1つ、
怖ーい女の子が
俺の横に来るまでは・・・

恋愛開始→2013年2月10日