高校一年生の終わりも間近…リーダーシップとは無縁の鳴海宗一が、なぜか生徒会長に任命されて、おまけに副会長を決めて来いと現会長の八崎に言われ…

やむなく選んだのは、同じクラスで演劇部の里美ゆりで、交換条件つきで引き受けてもらえる事になるが、そこから宗一の流され人生が動きはじめて…

弟とは対照的に、ドタバタとした学園生活を送った鳴海・兄、宗一のお話です(^^)

恋愛小説です

この作品のキーワード
霊感  学園物  兄弟  恋愛物  残留思念  演劇部  文化祭  生徒会  高校生