それで、私は気付く。

彼は私の声が聞こえていないのではない。聞こえていて無視しているのだと。

私はそれ以上怜に声を掛けるのを辞めると、手にしていたスーパーの袋を持って台所へと向かった。

買ってきたばかりの食材を冷蔵庫の中に入れる。そうしながら、私はしゅんと小さく鼻を啜った。

怜が不機嫌だと、私はいつも泣きそうになる。

そして考える。


どうすれば彼は機嫌を直してくれるだろう。

どうすれば彼は私に声を掛けてくれるだろう。

どうすれば彼は私を好きでいてくれるだろう。

考えて考えて、心が不安で押しつぶされそうになる。


一緒に住み始めてもう二年になる恋人の大崎(おおさき)(れい)は、優しくて……

そしてとても冷たい人だった。