――――――
――――
――


【私、端から貴方の事を愛してなかったのよ。ただの暇潰しに一緒に居ただけなの】


いつか言われると覚悟はしていたが、此処最近のお前を見ていれば言われないかもしれないと変に期待を抱いていただけに予想以上に突き刺さった。

最初の頃に比べれば、表情が明るくなったお前。

いつの間にか俺はお前のその笑顔を誰にも渡したくないと、独占したくなっていた。

お前との出会い方が悲惨なだけに、そんな事口が避けても言えないがな。


この作品のキーワード
独占欲  肉食系  秘密  切ない  復讐  イケメン  甘々  溺愛  嫉妬