雅人さんに初めて会ったのは、高校入試前のお正月だった。

 毎年恒例となった親族の集まりの中に、雅人さんが初めて参加したのがこの年。

 会社を経営している伯父が、雅人さんを連れてきた。

一人ぼっちでお正月を過ごす雅人さんをほっとけない、と言って。

 独身寮も年末年始は閉めるのが普通だけれど、彼だけは行くあてがなかったらしい。

 それで、食事の出ない寮に残った雅人さんを連れ出して、我が家へ半ば強引に連れてきたのが10年前。

 15歳の私が、23歳の社会人に憧れを抱くのは、あっという間だった。

 宴も盛り上がった頃、酔って上機嫌の父は、私にピアノを弾くように命じた。

 父に逆らえない私は、会話の邪魔にならない程度のゆったりとした曲を奏でる。

 エリーゼのために
 ノクターン
 平均律
 春の歌……

この作品のキーワード
政略結婚  政治家  年の差  偽装結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。