私、もしかしたら今、プロポーズされた?
 
 これがプロポーズと言えるのかどうかは微妙だけれど、とりあえず結婚を申し込まれたのは確かだった。

 婿養子になって、我が家の問題を解決してくれようと考えている雅人さん。

 私の密かな片思いが見せた夢、だったりして。だとしたらかなり重症だ。

 あまりにも現実味がなくて、呆気にとられていた。

 すると、再び雅人さんが私に語りかけてきた。


「あまりにも急な話で驚いてるかも知れないけれど、俺も実は自分で提案しておきながら驚いてる」


 どういう事なのか、意味が分からず首をかしげる私に、こんな説明をしてくれた。

この作品のキーワード
政略結婚  政治家  年の差  偽装結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。