微妙な雰囲気のまま、アパートから出た。


 彼の車で最初に連れて行かれたのは、父が入院している病院だった。

「早く君のお父さんに報告したい、というのと、なるべく人目に触れるところへ行くというのが大事だと思うんだ」

「そう、ですよね……」


 雅人さんの考える偽装工作に、反対の余地はなかった。

 病院の駐車場はもう、かなり空いていた。

 あと少しで面会時間が終わってしまうので、早足でエントランスホールへ向かう。


「ちょっと急ぐから」


 そう言って、手を繋がれた。

 頬が熱くなるのを感じながら、入院病棟のエレベーターに乗り込む。

この作品のキーワード
政略結婚  政治家  年の差  偽装結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。