ある1人の少女が闇の中生きていた



周りからは黒猫と呼ばれている




そんな少女が出会ったのは



全国№1暴走族 寵龍




この暴走族と出会って


少女に光が見えていく…?



--------------------------------


?「お前は何を抱えている?」



 「あんたに関係ない…」





?「おれのところだけで泣け。」




 「\\\」










涙あり、笑いあり、そして

恋あり…!?



暴走族と闇を抱えた少女の物語です^^






この作品のキーワード
暴走族  恋愛    過去  切ない  美少女  無自覚  黒猫