――――――――

あの日から数ヶ月


私は時々思う…


あなたは私でいいのか―

不安になる…


あなたは人気者だから

誰かに取られちゃうと思うと

すごく不安に思ってしまう

他の女の子と話すあなたをみると


胸の奥がキュ―――となって…


私はわがままかもしれません

弱くて、臆病で、泣き虫
かもしれません



でも…

あなたが私に

笑顔みせるたび…

髪を撫でるたびに…


私はなにもなかったように

嬉しくなります。




単純かもしれませんね




でも、それほどあなたが
大好きです。