「…ずっとこうしたかった。」

「…あたしも。」

「いつから?」

「…デートん時?」

「俺はもっと前からだよ。ずーっと。」

「そうなの?」

「瑞希は鈍感だから気付かないんだよ。」

「うるさいなぁ。」

「まぁそんな瑞希も好きだけどさぁ。」

「…そんな事、軽々しくいわないでよバカ!」

バコッ!!

「いってぇ!んだよ、なんで好きって言ったら殴るんだよ!!」

「う、う、うるさいなぁもう!!」

「…瑞希、顔赤い。」

「う、うるさー…」

ちゅ

「!?」

「瑞希かわいい。」

「な、なんで…、え、今、何が?」

「キスしたんだよバーカ。」

「えーーーー!」

「んだよ、さっきだってしたのに~」

「さ、さっきは流れでしょ!いきなりは困る…。」

「じゃぁもう一回してあげようか?」

「なぁ!?なにそれ、ドS!?…ちょ、目閉じないでよ…!」



ガラッ
「ちょっとまったぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


「!?」


海斗に乗せられて、あたしまで目を閉じたその時…

がら開きのカーテンのおかげで向こうを確認できて

そして向こうもこっちを確認できて

えーと、そこに立っているのは震えてる…


「らんちゃん…?あんど、さっぴ…?」


「海斗このやろぉぉぉぉぉぉーーー!!!!」

「うわあああああ久瀬ええええええ!!!やめろおおおお!!!」

「蘭名、海斗が死ぬ!!!!!」

「お前を殺してあたしも逝く!!」

「らんちゃん抑えてええええ!!!首はっ、首はしめちゃダメええええ!!!!」

「カクッ」

「うおわああああ、海斗ぉおおおお!!死ぬなああああ!!!」

「らんちゃあああああああ!!やめてええええ!!!!」