今でも時々、僕は君が歌っていた歌を口ずさむ。


君が口ずさんだあの歌を――――。



この作品のキーワード
恋愛  切ない  すれ違い